中学校英語スピーキングテスト

東京都教育委員会は、小・中学校で身に付けた英語によるコミュニケーション能力を、高校でさらに向上させるため、小・中・高校で一貫した英語教育を進めています。
令和4年度から都内全公立中学校等第3学年生徒に対して「中学校英語スピーキングテスト」を実施し、その結果を都立高校入試に活用する予定です。

中学校でスピーキングテストを実施する目的

中学校での学習の成果を測り、その結果を都立高校入試に活用することで、中学校における「話すこと」の指導の充実と、高校での「使える英語力」育成の充実を目指します。

中学校でスピーキングテストを実施する目的

導入までのスケジュール

令和2年度及び3年度に確認プレテストを行い、令和4年度に都内公立中学校3年生全員が「中学校英語スピーキングテスト」を受け、その結果を都立高校入試の際に活用する予定です。

導入までのスケジュール

(※新型コロナウイルス感染症対策に伴う中学校等における臨時休業の影響や、教育活動再開後の学校運営に対する配慮の必要性に鑑み、令和2年度以降のスケジュールを上記のとおり変更しました。)

過去問題・解答例

過去に実施された中学校英語スピーキングテストの問題です。実際のテストを体験してみましょう!(※録音・採点はできません。)

(1) 出題範囲

中学校学習指導要領に基づく内容です。

(2) 実施方法

実際のテストでは、テスト専用のタブレット端末・イヤホンマイク・防音用イヤーマフの3点を使用します。(インターネット回線への接続は、不要です。)

(3) 過去問題・解答例・採点基準

令和2年度・確認プレテスト①

◆ 問題(解答例なし)
実際にテストで使用したタブレット画面に表示された内容と、同じ内容となっています。
テストは、パートAからパートDまで、4つのパートがあります。
パートA・Bでは、例題が表示されます。「録音の確認」の画面がありますが、この動画で録音テスト(録音・録音の確認)はできません。

◆ 問題(解答例あり)
実際にテストで使用したタブレット画面に表示された内容に、解答例が録音された内容となっています。
実際の問題より、準備時間・解答時間が短くなっています。
準備時間・解答時間中に流れている音は、ホワイトノイズです。

令和元年度・プレテスト

※以下の動画では、実際に実施したテストの時間より、準備時間・解答時間が短くなっています。
実際に実施したテストの時間は、以下のとおりです。
・パートA 準備時間30秒・解答時間30秒
・パートB 準備時間10秒・解答時間10秒
・パートC 準備時間30秒・解答時間40秒
・パートD 準備時間1分、解答時間40秒

◆ 問題(解答例なし)

◆ 問題(解答例あり)
準備時間・解答時間中に流れている音は、ホワイトノイズです。

※このテスト問題及びそれに付随する採点基準・解答例の著作権は、試験実施団体に帰属します。
※著作権法で許容される範囲を超えて、掲載内容を無断でコピー、転載するなどの行為は違法であり、これを固く禁じます。